R3-m.Tech

ドラムやプログラミングやその他もろもろについて書き殴るブログ

バケツドラムのすヽめ

普段、本業はドラムなのですが(ほんとの本業は学生)お金やら時間やらの関係でなかなか練習できないのがこの楽器の宿命。スタジオ代高いですし。

できない間はメトロノームでスティック練したり、インプットしたりをするべきなんですが、やはり叩きたいなあと思うわけです。

そこで始めたのがバケツドラム。

いや本当のきっかけはそこじゃなくて、単純に前々から気になっていたのです。

動画で見たことある人は多そう。

 

www.youtube.com

 

これバケツバケツとか言っていますが、ペール缶っていう塗料とかを入れておくための特殊なやつです。

 

 

f:id:ricken0203:20170603222357j:plain

 

 

だいたい鋼鉄製が一般的なのですが、それではなくプラスチック製を使用します。

買うと結構高くてホームセンターで1000円は超えます。

ガソリンスタンドに行くと余ってるのもらえたりするエピソードがありますが、プラスチック製使ってるのは出光だけっぽいです。気をつけて。

 

てなわけでどおおおおおおおおおおん!!!!!!!!(喪黒福造風)

 

f:id:ricken0203:20170603220126j:plain

 

すごく地味です。

でもこのお金かけてない感が好きです。

叩き方はすごく親切な動画あったのでそちらをご覧ください。

 

www.youtube.com

 

やってみての感想ですが

めっちゃ楽しいってのと、けっこう音量でます。

バスドラ音出すために足あげるんですが、これがけっこう最初慣れない。

足の構え方とか自分にあったのを探すといいです。動画はあくまで一例。

 

あとコンクリートとかの上じゃないとスネアっぽい音出ないので注意。

刻みは地面叩いたり手作りシェイカー振ったりスプラッシュシンバル叩いたりして表現してます。

地面叩くとすごーく場に馴染んだ音が出て素敵です。

バス、スネアは基本的に左で叩くので左腕が鍛えられます。

 

ドラムの練習の代わりになるのか?というところですが

タイム感を養う練習にはなると思います。

ドラムセットだとシンバルやタムやらがいろいろ付いてますが

バケツは3点しかないので、もっとこう、ビートを刻む、みたいな

ドラムの根本的な部分を振り返るきっかけになるなあと思ってます。

 

僕はこのバケツを使ってアコースティック系のバンドやろうと思ってます。

一応メンバーは揃ってまして、バンド名は「ラクガキ王国」になりそうです。

お金をかけず、ゆるーくやっていきたい。

この経緯をメンバーが書いたブログ記事があるので、よかったらそっちも見ていってください。

 

kohei-fujimura.com

 

 

H ZETT KOU 使用機材とコメント①

僕が大好きで尊敬しているドラマー航(H ZETT KOU)さんのセッティングメモとコメントを書きます。

(最近はDrum Kitが違うかな?)

 

 

Set Up (2016.11)

Drum kit: YAMAHA LIVE CUSTOM

  • 22"x16" BD
  • 10"x 7" TT

Snare Drums: SONOR

  • Prolite Vintage Maple 14" x 5"

Cymbals: Koide 

  • 18" 609 Series China
  • 16" 609 Series Crash
  • 20" 503 Series Medium Heavy Ride
  • 14" 312 Series Hi-Hats

Percussions: SONOR

  • 8" SN-MB8 Cowbell

Sticks: VATER

 

SONORのスネアはPE'Z時代から健在。

ただ、PE'Zのときは一回り口径の小さいEARTH (AS12-1305EA Artist Series EARTH 13x5 Beech) でしたね。

口径が通常より小さいのもあってハイピッチでカンカンな音が特徴的で憧れの音です。

小出のシンバル、何回か試奏したことあるけど、全体的に音量が出るなーっていうのと、金属っぽい音するなあってイメージです。

808シリーズのRideが自分好みの音だった。

スティックは珍しいもの使ってますね、Sugar Maple Piccolino !!

直径: 16.3 mm, 全長: 391 mm, 材質: シュガーメイプル

いつもヒッコリー使ってるのでメイプルのスティックも試してみたいとこですね。

全長391 mmはけっこう短めのモデル。だいたい400くだらないイメージがあります。

 

航さんのドラム、特徴的なのは、どのビートにも「航さんらしさ」を感じるところ。

この「らしさ」ってとても難しくて、音を聴いただけで分かるって領域にいるのは本当にすごいこと。

ラテンのノリが強いのか、聴いていて明るくてハッピーになれるタイム感を持っています。 

ライブでも実に簡単そうに楽しそうに叩いているのですが、けっこうえぐいフレーズやってますよね。

ちなみに僕もH ZETT KOUさんの影響でスタンディングでドラム叩いてます。

重心のバランスの取り方が難しくて、左足に負担が来ます()

そこらへんもこれから研究してメモしていきたい。

 

最後に僕がドラム叩いているバンドを二つ紹介

空間工房はPE'Zのコピバンから始まったバンドですが、いまはオリジナル曲がんがんやってます、僕以外みんな作曲してます(笑)

Kukan.Trioは空間工房のリズムメンバーで構成したトリオです。完全に本家様と同様の流れですが、空間工房は死ぬまでやっていきたいバンドです。気になってくれた方いましたら、ぜひTwitterのフォローやライブに足運んでみてください!

 

twitter.com

twitter.com

twitter.com